受付時間
 9:00-12:00
15:30-19:00

休診日:水曜・日曜・祝日 および土曜の午後

 06-6721-3311

しまじびブログ

診察室の砂時計の写真
診察室の砂時計の写真

インフルエンザ予防接種の重要性

新型コロナワクチンの接種が進むなか、インフルエンザの予防接種が今月から始まりました。

インフルエンザは、去年、おととしと二期にわたって例年に比べ流行しませんでした。

今期は流行するかは分かりませんが、予防接種が推奨されています。

なぜでしょうか。

予防接種は重症化の予防に有効

この2期、インフルエンザの流行がなかったことにより、免疫を持てていない人が多数です。

このため、流行がなかったことによる反動で今期の流行自体が大きくなる可能性があります。

流行の有無とは関係なく、もしもインフルエンザにかかってしまった場合、この数年で免疫が消えてしまっているために症状が重症化(肺炎やインフルエンザ脳症)してしまう可能性があります。

インフルエンザワクチンを接種しておくと、発病後の重症化を予防することに効果があるので予防接種が重要になるのです。

高齢者、乳幼児、呼吸器疾患や心血管疾患などをお持ちの方は、特に接種が推奨されています。

インフルエンザワクチンとコロナワクチンの接種間隔

インフルエンザワクチンの予防接種は、新型コロナウイルスワクチン予防接種との間隔を2週間以上空ければ接種可能となっています。

受付時間
 9:00-12:00
15:30-19:00

休診日:水曜・日曜・祝日 および土曜の午後

アクセス

〒577-0802
大阪府東大阪市小阪本町1丁目9−6

近鉄奈良線 河内小阪駅から徒歩5分

病院前に駐車場あり(3台、無料)

病院裏に自転車置場あり

駐車場(3台)
自転車置場